スラムダンク

私は元気が欲しい時に必ずと言っても良いほど、スラムダンクを読みます。
その答えは単純です。元気が出るからです。これ以上の答えはないでしょう。そして、着眼点が不良学生が何か一つの事をいろんな困難を乗り越えながら結果を残していくというサクセスストーリーがたまらなく、スポーツをしている人は特に共感できる事が多い漫画となっています。
何事も取り組む姿勢とその周りの環境が結果を左右するんだなと、初めて読んだ時に学びました。
この漫画では小学生ですら、学ぶ事ができる教科書ともいえます。メインはバスケットの話ですが、団体競技という事で仲間の大切さや協調性といった、子供の時に学ぶべき事項が詰まった作品となっています。
一番は興味のあるものから学ぶことが身に沁みます。不良だった主人公が真面目にバスケットに取り組み周りを魅了していくという内容ですが、人は見た目で判断してはいけませんし、その人の真髄までを見抜くような広い視野を持てるようになりそうな気がします。
このような漫画が多く世間に知れ渡り、漫画は遊びの延長ではなく、学びの延長にあるというような認識に変わる作品が出てくることを家族を持った親としての願いでもあります。
ぜひ一度はご覧ください。