食キング

今回は土山しげるさんの食キングを紹介します。喧嘩ラーメンや喰いしん坊なども良いですが、食キングはそれよりも面白いと思っています。この作品の主人公は北方歳三と言います。この人物は函館でとても有名な洋食店である五稜郭亭のシェフとして有名でした。しかし、利益主義の弟と対立をして店を出ています。そして現在では廃れた店を再建するための再建請負人を仕事にしているのです。再建をするときには店主に対してかなり厳しい試練を与えます。しかしその後はしっかりと再建を出来るということで日本の各地から再建依頼を受けています。最終的には五稜郭亭の弟との対決になるということですね。

この再建をする時の修行が特殊でもあります。うどん屋を再建するときには店主にダンスゲームをやらせますし、ラーメン屋の再建のときにはサーカスでの修行になります。実際にそれをやってどのような良いことがあるのか分かりませんということを店主に言われる事もあります。そのときには来た方は「一切の質問は認めない!」と一括をします。途中で店主は逃げようとすることもありますが、最終的にはなんとかやり遂げることになります。

この作品には主人公と対立するキャラクターも多くでてきます。しかし悪い人であるということではなく、実力があるゆえに過信をしていて主人公に立ちふさがると言うようなことになっています。

美味しそうな料理もたくさん出てきますね。北方歳三は凄腕の料理人なのでそれを食べた人を喜ばせます。このような素晴らしいストーリーを考えた土山しげるさんはすごいですね。何度読んでも飽きません。今後も人気が続くと思われる今作ですね。まさに食キングの名に恥じない作品だと思います。